HOMEグループについて>株式会社ふくなお

食べる楽しみを、生きる喜びに・・・。「ふくなお」は、高齢化社会を見据えた食のバリアフリー化を提案します。

株式会社ふくなおでは、スタッフが介護現場のお客さまの声を直接お聞きし、「もっとこんなものができないだろうか」といった、既成概念にとらわれない大胆な発想と、「珍味蒲鉾」に代表される大市珍味50年の伝統・技術をドッキングさせた新商品を次々と開発しています。
素材の風味を生かしながら、おいしくて食べやすい形状と食感にこだわった製品は多くのお客様からご支持をいただいており、これからも「笑顔あふれる食卓」をめざして、高齢化社会を地域から支え、時代のニーズを先取りする製品づくりを進めてまいります。


株式会社ふくなおの概要

●資本金:1,000万円             ●創立:1996年6月
●代表者:西野美穂(MIHO NISHINO)   ●従業員数:12名


 


 

 

ものづくりの基本は、技術とともにある「人」。そして、「お客様の満足」という結果を伴ってこそ、変革は変革たり得ると確信しています。

一昨年を「チャレンジに向けた準備の年」とするなら、昨年は、スタッフの充実や商品アイテム・販売先の増加など、まさに「目標を定め踏み出した一年」であると言えます。好評をいただいているおせちも、昨年末は多くのメディアに取り上げていただき、おかげさまでほぼ3千食を完売しました。私自身もラジオの番組に出演させていただく機会があり、ふくなおに対する認知度がわずかながらでも上がったのでは、と期待しています。
環境が整ってこそ良い仕事ができる。これが、弊社の軸となる考え方です。新たな拠点を定め、加えてチャレンジ精神旺盛なスタッフが揃ったことは何よりの前進でした。今、全体を束ねる者としてまず考えなければならないのは、その一人ひとりがいかにHappyに仕事と向き合えるか、ということです。よりよい製品開発も、将来性あるお客様との出会いも、すべてはそこが基点ではないかと考えています。
そして今後は、地域密着型の企業としてどう発信していくかが課題となります。製品づくりにおいても同じことが言えますが、大企業がマス広告を使って行う手法ではなく、あくまでも地域にお住いの皆様に向けて、介護される方には「なじんだ味でおいしく食べる・食べられる喜び」を、介護しておられる方には調理や栄養面でのご苦労の軽減と安心をお届けしたい。そのために、さまざまな方法を模索しながら、より多くのお客様にふくなおを知っていただけるよう、地道ながら確実な一歩を、さらにこの一年をかけて刻んでいきたいと考えております。

 

 

プロの手による「食べる幸せ」を、一人ひとりの食卓に。

お客様のご要望を最大限に取り入れ、素材の良さを活かしたシンプルでわかりやすい商品でありながら、「かたち・素材感を残した、安全で食べやすいもの」という、介護食、医療用給食に不可欠な条件を大市珍味の技術によってクリアしました。
病院や介護施設などの集団食をメインに、ネット販売をはじめとする一般向け販売も積極的に展開してまいります。お客様お一人おひとりの食卓に「食べる幸せ」をお届けしたい…これが、「介護食のプロ」をめざす株式会社ふくなおの願いであり、目標です。
※左写真:毎年好評をいただいている「やわらかおせち重」
 この他にもさまざまな商品がございます。詳しくはhttp://www.fukunao.com/をご覧ください。

 

医療・介護分野はもちろん、
地域や個人のお客様を支える「介護食のプロ」として。

株式会社ふくなおでは、医療・介護の現場で「食」に携わっておられる管理栄養士や栄養士の皆様のお声を直接お聞きして「現場の思いをかたちにできる商品づくり」を進めてまいりました。これら既存のお客様との緊密な連携に加え、楽天SHOPも開設、好評をいただいております。
また事務所併設のプレゼンルーム(写真右)では、テストキッチンにお客様をお招きしての試食会や在宅介護をしておられる方向けの調理講習会など、さまざまな試みも行っています。これまで培ってきた経験と技術を生かして、より良い製品、もっと喜んでいただける商品を開発・ご提供し、地域に根ざした「介護食のプロ」をめざしてまいります。

 

各種・各地方の展示会への出展、試食会を積極的に実施。
サービス向上のためのあらゆる試みを、継続的に行っています。

業者様主催の大小展示会から、東京ビッグサイトで毎年行われる「メディケアフーズ展」まで、ふくなおでは積極的にブースを出展し、製品の紹介や活動をアピールしています。
また、将来を担う学生の方々や、社内テストキッチンにお客様をお招きしての試食会、在宅介護をしておられる方向けの調理講習会など、新たな商品開発と普及にむけたさまざまな試みも行っております。
お客様と直接関り、さまざまなご要望や意見交換ができる展示会や試食会は、介護食の認知度を高めるだけでなく、製品開発へつながるご意見を伺える貴重な場として、これからも大切にしていきたいと私たちは考えています。
今後の展示会出展計画や試食会など、詳しい情報は弊社までお気軽にお問い合わせください。

※左上写真(2点とも):大学・言語聴覚士育成コースでの試食会の模様
※左下写真:近隣の方々やヘルパーさんへの試食会の模様

商品カタログのご請求はこちらまで

▲ページのトップへ